POMOLYの薪ストーブ一覧!軽量級から重量級まで勢ぞろい

比較
比較薪ストーブ道具

キャンプ用の薪ストーブや、ストーブを設置する前提で作られたホットテントを主に販売しているPOMOLY

折り畳み式の薪ストーブを1つ所有していますが、いくつもの種類があり、似たような性能も並んでいて、どれを買っていいか迷いました

そのため、どのような性能の薪ストーブがあって、どういった用途におすすめなのかまとめてみました。

POMOLYとは?

POMOLY - キャンプ薪ストーブ&ストーブテント
テントストーブ、ワンポールテントの設計・製作・販売を行っております。私たちのテント薪ストーブは非常に細かい職人技を持っていますと実用的な耐火ガラスのデザインを持っています。煙突穴付きテントとチタン薪ストーブはキャンプで一緒に使用されます。ワ...

イギリス発祥のアウトドアメーカー…とネットで検索すると日本のサイトが出てきますが、根拠となるものが見つけられていません。何なら中国の深セン市の若者が集った会社と書いてあるブログがあります。

と、発祥地についてはここまでにして、日本語公式サイトは中国広東省の会社が運営しているので、怪しい日本語が所々あります。ただ、正真正銘POMOLYのサイトなのでご安心ください。私はこちらのサイトから購入しました。

2019年設立の会社で、キャンプ好きが集まってティピーテントを作ったら好評だったので、さらに改良して多くの人に売り出した、という成り立ちです。

POMOLYという名称は、カリフォルニア州のネイティブアメリカンであるポモ族が由来となっています。

薪ストーブ一覧表2024.1時点

薪ストーブ名種類材質重量(㎏)価格(円)対応人数(人)燃焼室容量(L)その他機能オプションガラス(面)収納サイズ(㎝)組立サイズ(㎝)煙突組立煙突直径(㎝)煙突長さ(㎝)
T1折り畳み式チタンTA12.881,099116.7サイドテーブル
焚火グリル
140.0 x 22.5 x 8.047.5 x 22.5 x 29.5巻き型6200or300
T1 3折り畳み式チタンTA13.389,199116.7サイドテーブル
焚火グリル
340.0 x 22.5 x 8.047.5 x 22.5 x 29.5巻き型6200or300
T1 mini折り畳み式チタンTA12.072,99919.5焚火グリル131.5 x 19.5 x 7.038.0 x 19.5 x 24.5巻き型6200or300
T1 mini 3折り畳み式チタンTA12.481,09919.5焚火グリル331.5 x 19.5 x 7.038.0 x 19.5 x 24.5巻き型6200or300
T1 TAISOCA折り畳み式
2層式
チタンTA16.0102,19915モード切替
オーブン
341.5 x 22.0 x 11.045.0 x 22.0 x 32.0巻き型6200or250or300
T1 Ultra折り畳み式チタンTA13.292,49921サイドテーブル
焚火グリル
147.5 x 22.5 x 9.054.5 x 22.5 x 33.0巻き型7250or300
T1 Ultra 3折り畳み式チタンTA13.8100,59921サイドテーブル
焚火グリル
347.5 x 22.5 x 9.054.5 x 22.5 x 33.0巻き型7250or300
TIMBER折り畳み式チタンTA13.172,399サイドテーブル238.0 x 20.0 x 8.038.0 x 20.0 x 30.0巻き型6200or300
TIMBER Lite折り畳み式チタンTA12.868,999138.0 x 20.0 x 8.038.0 x 20.0 x 30.0巻き型6200or300
TIMBER 3折り畳み式チタンTA13.477,199338.0 x 20.0 x 8.038.0 x 20.0 x 30.0巻き型6200or300
T-Brick 2.0折り畳み式チタンTA14.186,99914ガラス面切替可サイドテーブル
焚火グリル
239.0 x 20.0 x 8.048.0 x 20.0 x 28.5巻き型7250or300
T-Brick Ultra 2.0折り畳み式チタンTA15.697,2993-622.3ガラス面切替可サイドテーブル
焚火グリル
247.0 x 22.0 x 10.055.5 x 22.0 x 36.0巻き型7250or300
T-Brick Max 2.0折り畳み式
2段式
チタンTA16.2127,5994-626.5ガラス面切替可
モード切替
サイドテーブル
焚火グリル
545.0 x 34.0 x 8.048.0 x 20.0 x 44.0巻き型7200or300
T-BRICK Mini 2.0折り畳み式チタンTA13.177,19919.2ガラス面切替可焚火グリル232.0 x 19.5 x 8.038.6 x 19.5 x 24.0巻き型6200or300
POMOLY Fold X埋め込み式チタンTA12.470,79914.8サイドテーブル138.0 x 20.0 x 9.047.0 x 20.0 x 30.0巻き型6300
Traveller組立済チタンTA12.071,29911.9137.0 x 18.0 x 19.041.0 x 32.0 x 31.0連結型6196
Traveller 3組立済チタンTA13.679,49911.9337.0 x 18.0 x 19.041.0 x 32.0 x 31.0連結型6
196
Lumberjack 折り畳み式チタンTA15.0194,69919.5サイドテーブル
薪棚用台座
サイドケトル
焚火グリル
オーブン
132.0 x 26.0 x 15.047.5 x 26.0 x 42.5連結型6292
Lumberjack Max折り畳み式チタンTA16.0210,99928.5サイドテーブル
薪棚用台座
サイドケトル
焚火グリル
オーブン
136.0 x 29.0 x 17.054.0 x 27.0 x 48.0連結型7292
Oroqen組立済ステンレス30410.860,5992-616.7サイドテーブル240.0 x 24.0 x 26.046.0 x 53.0 x 33.0連結型6185
Oroqen 3組立済ステンレス30410.269,69916.7サイドテーブル340.0 x 26.5 x 26.046.0 x 53.0 x 33.0連結型6215
Oroqen mini組立済ステンレス3046.740,49911.5サイドテーブル135.0 x 21.5 x 23.041.0 x 46.0 x 28.0連結型6155
Oroqen mini 3組立済ステンレス3046.748,69911.5サイドテーブル335.0 x 21.5 x 23.041.0 x 46.0 x 28.0連結型6155
Oroqen Max組立済ステンレス30412.871,29922.7サイドテーブル
天板蓋
148.0 x 25.5 x 29.055.0 x 58.0 x 36.0連結型7215
Oroqen Max 3組立済ステンレス30413.085,99922.7サイドテーブル
天板蓋
3(模様有)48.0 x 25.5 x 29.055.0 x 58.0 x 36.0連結型7215
Dweller組立済ステンレス30411.873,1992-415.9131.5 x 22.5 x 33.531.5 x 32.0 x 42.0連結型6185
Dweller-Ti
(連結煙突)
組立済チタンTA14.385,3992-415.9131.5 x 22.5 x 33.531.5 x 32.0 x 42.0連結型6217.5
Dweller-Ti
(巻き煙突)
組立済チタンTA13.578,7992-415.9131.5 x 22.5 x 33.531.5 x 32.0 x 42.0巻き型6300
Dweller Max 2.0組立済ステンレス30414.781,09925.3天板蓋136.0 x 26.0 x 38.536.0 x 39.0 x 49.0連結型7230
Dweller Max 3組立済ステンレス30415.1586,99925.3天板蓋336.0 x 26.0 x 38.536.0 x 39.0 x 49.0連結型7230
Dweller Max Ti組立済チタンTA16.5133,19925.3天板蓋136.0 x 26.0 x 38.536.0 x 39.0 x 49.0連結型7230
Dweller Max Ti 3組立済チタンTA17.05146,19925.3天板蓋336.0 x 26.0 x 38.536.0 x 39.0 x 49.0連結型7230
Baker オーブン組立済ステンレス30414.1584,29914.5天板蓋
オーブン&温度調節機能
煙突給水タンク435.0 x 27.0 x 37.035.0 x 35.5 x 46.5連結型7230

横にずっと項目が続いていきます。自分でも正直見辛い…

公式のHPから数字を拾ってきましたが、表記によって煙突を含む重量と含まない重量があったり、煙突の長さがどう計算しても合わなかったりとツッコミどころ満載ですので、あくまで参考スペックとしてみてください。

シリーズごとの特徴

薪ストーブ名に名称がつけられており、それぞれの特徴を現しています。そのシリーズごとの特徴について触れていきます。

T1

ベーシックなチタンの折り畳み式薪ストーブです。天板のみ取り外しが可能です。軽量性を重視したminiや、オーブン機能付きのTAISOCAなどがあります。

TIMBER

公式HPより

こちらもチタンの折り畳み式薪ストーブですが、T1と違い天板からサイドパネルまですべて分離できます

組立方法も違い、パネルを差し込んでいき、天板をして4隅に棒を入れて固定します。T1よりも軽くなりましたが、組立は少し手間に感じます

T-Brick 2.0

公式HPより

T1とTIMBERの間のような存在のチタン折り畳み式薪ストーブ。天板とサイドパネルが取り外し可能で、ガラスの向きを変えることができます。

また、煙突直径が7㎝となっているため、火力も上がっています。その分重量は上がったようで。

Maxは大型テントに対応し、ソロでも使いやすいようにサイズを変更できますが、価格は10万をこえています。

Traveller

公式HPより

組立済みのため収納性は低いですが、軽量性を重視したチタン薪ストーブ。

Lumberjack

公式HPより

折り畳み式のチタン薪ストーブですが、薪棚の台座があるので収納性は低くなっています。形状も長方形から暖炉のような正方形になり、オーブンやケトルなどオプションが充実しています

Oroqen

公式HPより

オーソドックスな形状の薪ストーブ。素材がステンレスで折り畳み式でもないので、10㎏以上の重量があります。

大きい薪ストーブなので、大型のテントに合います。天板の蓋をとって直火で調理できたり、サイドテーブルがあったりと付属が充実しています。

Dweller

組立済みで正方形の薪ストーブ。チタンとステンレスがあり、さらに巻き煙突や連結煙突も選択できるなど、用途に応じて細かな組み合わせがあります。

各項目の補足

一覧表の横軸(列)で、ちょっと説明したほうがよさそうな項目を載せていきます。

種類

公式HPより

折り畳み式は薪を入れる燃焼室を小さく折り畳むことができるタイプです。

組立済みは脚を折り畳むことができますが、燃焼室を折り畳むことはできません。

T1TAISOCAとT-Brick Max 2.0は薪ストーブが2段あるタイプです

ただ、T1TAISOCAは空間が直接繋がっておらず、オーブン機能だけに対して、T-Brick Max 2.0は空間が繋がっていて火力の底上げという違いがあります。

重量

ストーブバックを含めた総重量…だと思います。ただ、煙突を重量に含んでいない表記しかないものもあるので、参考程度の比較になります。

その他機能

公式HPより

T1FLAMEをベースとして、サイドテーブルやオーブン機能等があるものを記載しています。

ガラス面切替可は組み立てるときに左右どちらかをガラスにすることができる機能です。

モード切替は2段式の薪ストーブが対象で、1段式…つまり薪ストーブ単体にすることができるタイプです。

オプション

公式HPより

新しく薪ストーブを購入するときに、追加で選べる機能です。その分価格は上がりますが、あとで単品を購入するよりお安くなっています

折り畳み式のチタンオーブンは別売りですが、すべてのシリーズに対応しています。

ガラス

薪ストーブの醍醐味である火を見ることができるガラスがいくつの面にあるかを表しています。模様があるものは(模様あり)となっています。

最低数が1なのは、薪を入れる扉に必ず燃焼室の様子を見るため取り付けられているからです。

サイズ

公式HPより

収納サイズは薪ストーブを折り畳んだサイズが基本ですが、一部ストーブバックのサイズがあります

組立サイズは煙突を含まない薪ストーブを組み立てた時のサイズです。ただ、脚を展開すると少し大きくなるはずが、そうなっていないものもあります。(T1とかTIMBERとかの古いもの)

煙突組立

巻き煙突は1枚のチタンを巻いて組み立てる煙突で、収納性が非常に高い代わりに耐久性が低く組立が手間になっています。

連結煙突は何本かの煙突を合わせていく組み立て方で、組立が非常に簡単ですがその分重く収納性が低くなっています。

煙突長さ

or」という表記は購入時に選択できる長さです。連結式では長さの計算が合わないようなものもあるのでご参考程度に。

おすすめ用途

何種類もある薪ストーブがありますが、ソロやグルキャン、バックパックキャンプに車を用いたオートキャンプなど、どういうシチュエーションの時にどの薪ストーブが最適かピックアップしてみました。

ソロのバックパックキャンプ

折り畳むことでコンパクトにでき、軽量性に優れているT1miniがおすすめです。

T1以外にもTIMBERやT-Brick 2.0のminiがあり、どれも機能的には大差ないので、あとは好みになります。

ソロのオートキャンプ

小さな薪ストーブで良いけど、車で行くし組立済みのもので良いという場合はTraveller(連結煙突)が軽く組立済みとなっています。

巻き煙突のタイプもありますが、連結煙突の方が非常に簡単に設営できるのでおすすめです。

グループでのバックパックキャンプ

都心で車を持ってないし、公共交通機関でグルキャンに行きたい場合はLumberjack Max。燃焼室容量は28.5Lと大きく、それでいて重量は6㎏と軽量です。

グループでのオートキャンプ

車に乗ってみんなでキャンプに出かけよう!という時にはDweller Max 2.0です。組立済みで14.7㎏と非常に重いですが、その分燃焼室容量は25.3Lで、天板の蓋を開くと直火で料理できるので臨場感が出ます。

ソロでもグループでも使いたい

そんな場合は2段式のT-Brick Max 2.0があります。ソロで行くときは1段だけ持っていけばいいし、グループの時は2段持っていくことで、燃焼室容量が26.5Lの火力で大型テントも温かくなります。

オプションでサイドテーブルや焚火グリルもあるので、グループでの用途で活躍します。

公式HPより

まとめ

色んな種類があって正直分かり辛いなーと思っていましたが、まとめて一覧にしてみてスッキリしました。

主には折り畳み式の軽量タイプか、組立済みの軽量か重量タイプかに分かれており、その派生品がシリーズ化されています。

というか公式で販売終了したシリーズはサイトから消したらもっと見やすくなるのでは…

購入方法

以前はAmazonに出品していたようですが、現在は公式サイトが主となっています。ただ、中国からの発送となるので郵送に1週間はかかるのと、商品の在庫次第ではかなりの時間を要することがあります。

商品の在庫状況は商品ページに一覧が掲載されているので参考になります。

POMOLY - キャンプ薪ストーブ&ストーブテント
テントストーブ、ワンポールテントの設計・製作・販売を行っております。私たちのテント薪ストーブは非常に細かい職人技を持っていますと実用的な耐火ガラスのデザインを持っています。煙突穴付きテントとチタン薪ストーブはキャンプで一緒に使用されます。ワ...

販売代理店がAmazonに出品しているものもあるようなので、こちらの場合は在庫があればすぐに届きます。価格も公式と同じとなっているのですが、現時点ではほとんど種類はありませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました